うつ病とは

一言でうつ病と言っても人によって症状が異なります。もし、普段の生活の中でいつもと気分や行動などに違和感を覚えた場合には、一度診察を受けてみましょう。また、うつ病の代表的な症状を紹介するので、この中に当てはまる症状が見られた場合には注意が必要です。

うつ病の原因とは

Learn more

いつもできている事ができなくなったら

Learn more

うつ病の原因

うつ病は誰でもなる心の風邪です。そのため、うつ病を引き起こす原因は1つではなく、複数の事がきっかけで発症してしまう事もあります。その中でも、比較的うつ病を発症させてしまう原因をいくつか紹介していきます。

生活環境が原因の場合

うつ病の原因は一つとは限りません。大きな要因が一つあったとしてもそれがすべてではなく、いろいろな要因が絡んで発症につながることがほとんどです。ただ、非常にストレスのかかる生活環境で暮らしている場合…

Learn more

性格的傾向が原因

HSPとは過度に敏感な気質を持つ人を指します。大勢の人や情報の中に入ると、彼らの感情・心の状態をキャッチしすぎて心を疲弊させてしまう傾向があります。特に機嫌の悪い人、怒っている人の傍にいると「自分…

Learn more

うつ病の前兆状態

私の場合は今までにない妙にハイテンションな状態が数か月続きました。例えば、この前兆が来たときは毎日が明るく薔薇色に見えていました。何を見ても感動し、何をやっても失敗しない自信がありました。非現実的…

Learn more

経頭蓋磁気刺激法のことであるTMS

TMS(Transcranial magnetic stimulation)の略で日本語にすると、経頭蓋磁気刺激法のことです。脳に対して外部から強い磁界を与えることで、脳内のニューロンを興奮させる手法です。

うつ病の治療の種類について

うつ病の認知度と症状の多様性

うつ病に対しての社会の認知度は年々高まっているとはいえ具体的な症状や治療法、そのつらさなどの認知度に関してはまだまだだと感じる人は少なくありません。うつ病の原因は様々で一概には限定しにくく、また個人の性格や環境などが複雑に関わっているといわれています。症状としては抑うつ状態や今まで興味があったことがなくなってしまうなど、表れる症状もまた個々に違います。このように自分自身でも自覚しにくいうつ病ですが、治療が必要となった場合どのような方法があるのでしょうか。うつ病の基本的な治療方法として休養と薬物療法があります。休むことは悪いこと、という概念を捨て周囲の人たちも治療に専念する環境作りをすることが大切です。

薬の減薬や中止などの自己判断は危険

真面目な性格や何に対しても一生懸命に取り組む人がなりやすい、ともいわれているうつ病ですが休養という治療を受け入れがたいと感じる人は多いです。なぜなら休むことは怠けることなどマイナスに考えたり、休む状態に対して周囲の人はどう思うだろうかと他者の評価を気にしてしまうからです。心と体を休ませることは病気の原因となることから離れることであり、とても大切なことです。薬物療法については抗うつ薬と呼ばれる薬の服用により少しずつ安定すると考えられていますが、良くなったと思い自己判断で減薬したり中止することは危険なので注意が必要です。これらのほかにも入院による治療や精神療法という医師や、カウンセラーとの対話を通して解決方法を探す治療法もあります。